脱臼というのは? その1

脱臼の種類は、上腕骨頭のずれる方向により、分類されます。
全体の95%以上を占める前方脱臼、そして、ほとんどまれな、後方脱臼・下方脱臼となります。

上記に加え、完全に関節が外れてしまう脱臼以外に、一旦外れても簡単にもどる亜脱臼や、デッドアーム症候という、数分間腕全体がしびれたようになるものもあります。
簡単に治ってしまうようなので軽く考えがちですが、本質的には、脱臼と同じ損傷を受けます。

肩関節というのは、簡単に言いますと、大きなボール(上腕骨頭・・・二の腕の上端のことだそうです)が、小さなお皿(肩甲骨の関節窩)の上に載っているような格好をしているそうです。ですので、思うよりも簡単に脱臼してしまいます。

脱臼をすると、若い人では関節包と呼ばれる関節を包む袋が肩甲骨側から破れたりはがれたりします。年配者になりますと、関節を包む筋肉が付いている部位で切れたりします。それに伴って、肩や、腕や、手に行神経が損なわれることもあり、加齢とともに、損なわれる確率が高くなるそうです。また、結節という上腕骨頭の外側や前方にある骨の突起の骨折を伴うこともあるそうです。

そういうことを確認するためにレントゲン撮影や、筋肉の状態を確認するMRI撮影が必要になるということですね。

自分の場合は、2回の脱臼とも骨折はなかったですが、一番多い前方脱臼で、関節包が下がってしまってる状態だったようです。

2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031